雨宮はりきゅう整骨院|腰方形筋の鍼灸治療

腰方形筋刺鍼法

腰方形筋刺鍼

 

 

 腰方形筋は、腰の第2層にある筋肉で、上の写真の茶色の部分です。少し脇腹のほうまで伸びています。

 

 急性・慢性問わず、この筋肉が原因で腰痛となる症例も多くあります。
 腰方形筋を治療する場合、少しコツが必要です。

 

 『はい、うつ伏せになってくださーい。じゃあ、揉んでいきますね〜』
 よくある会話ですよね。
 この典型的なやり方では、腰方形筋を綺麗に治療できないことは多々あります。

 

 

 治療法は、痩せている方でしたら『筋膜ほぐし』『ハンマー整復』でもいけますが、ある程度がっしりしている方や太り気味の方ですと『鍼治療』が必要となることが多いです。

 

 鍼治療のほうが間違いなく即効性があるので、鍼治療OKの方は基本的に打つことになります。

 

 この筋肉に綺麗に鍼を打つには、またしてもひと工夫が必要となりますし、パルス、お灸等も適宜使用しなければなりません。

 

 腰痛でお困りの方、ご相談ください。