雨宮はりきゅう整骨院|大腰筋、腸腰筋の鍼灸治療

大腰筋刺鍼法

大腰筋刺鍼法

 

 

 上記の写真は体の前から腰を見た構図です。上から下に伸びている青の部分が『大腰筋』です。腰の最深部にあります。腰の骨から出て、股関節の前を通り、足の骨の内側に付きます。腰のインナーマッスルです。

 

 当院では、腰部痛や下肢痛に対する『大腰筋刺鍼』を行っています。

 

 頑固な腰痛や、ぎっくり腰、坐骨神経痛、腰椎ヘルニア、グロインペイン症候群の症状に対して、大腰筋が原因となっている場合にとても有効な鍼治療です。

 

 この鍼の打ち方は特殊であり、学校ではまず習いませんので、鍼灸師でも大腰筋を狙って打てる人は余りいません。ストレッチやマッサージでアプローチする治療者もいますが、この筋肉はマッサージで直接治療できる部分はとても少なく、あまり効果的ではありません。

 

 大腰筋刺鍼というと、東京でやっておられる浅野周先生の『北京堂』が有名ですが、私は浅野先生には師事しておりませんので少し異なった方法でアプローチします。

 

 私のやり方は、昔私が仙台で師事していた先生のやり方を基に、独自に改良を重ねてきたやり方です。昔は仙台にも大腰筋刺鍼をやっていた先生がいたんです。(その先生の治療院は現在ありません。。。)

 

 欠点としては、体の深い所に刺す為に少し太い鍼を使わざるをえません。これは細すぎる鍼だと途中で曲がってしまう為、安全面を考慮するためです。よって少し刺激が強めであり、人によってはズーンと響きますので、響きが苦手な方にはちょっとキツメの治療です。。。

 

 ですが、もともと痛みで困っている方は『大したことない痛みです』と言う方が多く、『これは、痛いところに届いてますね〜!!』という感想もよく聞かれます。

 

 痛みの原因が大腰筋にある場合、1〜2回の治療で即効的に効果を発揮します。

 

 深部のガンコな腰痛、お尻や足の痛みでお困りの方は、ご相談下さい。